yu_iの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2008-07-10

[]『らくえん

ギャルゲーだかパソゲーだかエロゲーだかにエロは必要なのか。


「みんなエロだけ求めてるわけじゃないでしょ」

「みんなエロは求めてるでしょ」

「美柴先パイは男を単純に考えすぎだと思いますよ」

「男なんて射精したいだけじゃん」

「違いますよ」

「じゃ、なんでエロシーンが必要なんだよ」

「それは……恋愛を描く以上、セックス描写は避けて通れないってコトでしょ?」

エロ描写を描くのに、恋愛が都合いいって

そんなふうにしかあたしには見えないな」

「曲解しすぎです」

「自分に正直になれば? 男の子

「ムカつくな-」

「図星さされてるからでしょ」

「だいたい美柴先パイエロゲユーザーをバカにしすぎですよ」

「あたしのどこがエロゲユーザーバカにしてんのよ。

必要なものをちゃんと提供しようと思ったら、

作り手側に奇麗事言ってる余裕なんかないぜ」

「美柴先パイに男のエロがわかるんですか?」

「オメーにはわかんのかよ!?

ユーザーが欲しいエロが」

「…………」

「………………」

気まずい空気が流れた。

美柴先パイの言うこともわかる。

けど、それだけじゃないだろうとも思う。

正しい答えなんかない。

だから。みんな考えたり悩んだりするんだ。

(『らくえん』)

「正しい答えなんかない。だから。みんな考えたり悩んだりするんだ」

青春だなぁ……。青春というかエロゲプレイヤーは、

思春期の問題圏(エロ恋愛は両立するかとか?)を今まさに生きてるのかもしれないなーと思ってたら、

なんかそういう話題、昔考えていたような。かなーり昔に……。

ここら辺の問題圏につなげられるかもしれない。

昔、自分が書いた文章。

思春期はまだ続いている……? - 恋愛ノスタルジィ(試運転中)

 私たちは、思春期キャラクター葛藤ドラマを通じて、……〔中略〕……現に今でも私たちはキャラクターを愛しつつも欲望の対象にしているという[問題]…〔中略〕…を暗黙のうちに知ることになるのです。

 『クロハ』や『はるおと』が切なく感じられるのは、単に「もうそこに戻れないから、そこが懐かしいから」という思春期に対する郷愁の念だけではありません。そこに私たちは、エロゲープレイする自分自身の性の在り方という現在進行形の問題を重ねて読み取ることができるからこそ、切なく感じるのではないのでしょうか。

萌えと欲望の間で、とか萌えと陵辱の狭間で、とか。そんな感じ。

む。待て。確か東氏が例に挙げてたのって、『YU-NO』とか『AIR』じゃなかったか?

だとしたら、なんか根は深そうだな……。美少女ゲームってくくられてたっけ、

18禁ゲームって書かれてたっけ……。自分ももしかしたらエロ不要論の中を動いてるだけなのかもしれんなw

トラックバック - http://memoria.g.hatena.ne.jp/yu_i/20080710
 |