渡辺さん

渡辺さん

渡辺さん

ニュー速VIP 新ジャンル「ツンドロ」スレより生まれた新ジャンル。



mixiには既にコミュニティができていて、物語やイラストなどが投稿されている。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=832379


ニャー速。 - 2ちゃんねるスレッド紹介ブログ -:新?ジャンル「渡辺さん」

1 :VIP774 :06/04/22(土) 18:29:18.56 ID:2yqdZNsb0


知ってる人も多いと思うがそろそろ渡辺さんメジャー化しようぜwwww


以下 新ジャンル「ツンドロ」より引用


1;「いっけね 弁当忘れちゃった テラツラスwww」

「本当、バカね これあげるわ 貸し作ったの覚えといてよ」

「え、じゃあお前の弁当は?」

「私はほら、ちゃんとあるでしょ 黙って食べなさいよ!」




渡辺さん「あれれー?私のおべんとうがないよぉ?」


2;渡辺さん「さっきね、うさぎさんがぴょーんぴょーんってしてたよぉ」

など数々の名言を残した渡辺さん、ここで消さずにツンデレ並に人気ジャンルにしようか


人気ジャンルというか、人気個体のような気がしないでもない。一般化不可能w


日刊良スレガイド:新ジャンル 「大群」

ここにもなぜ渡辺さんが登場w やっぱり渡辺さんは脇役的立場で、美味しい所をかっさらっていくのが良いな。


とその仲間たち

佐藤さん

イミフwwwうはwwwwおkwwww 新ジャンル「ツン辺」

渡辺さん相棒として、登場するクールな子。スクラン八雲と高野を足して二で割ったといえなくもない。でもまあ、この二人よりももう少しハードボイルドダンディ(?)。百合要素ありっぽい。


近藤さん

http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1145698158/

近藤「ツンちゃん、かわいそう」

優しい子っぽさそう。


鈴木さん

ニャー速。 - 2ちゃんねるスレッド紹介ブログ -:新?ジャンル「渡辺さん」

鈴木さん「てめー最近ムカつくんだよな」

渡辺さん「・・・・・」

鈴木さん「あー?なんとか言えよコラ」

渡辺さん「・・・・・」

~次の日~

渡辺さん「あれれ~?鈴木さん転校しちゃったよ~?」

"転校"しちゃだめだよ? だよ?


谷口さん

日刊良スレガイド:新ジャンル「ツンドロ」

谷口さん「せんせー!渡辺さんが裸で!!」

いい子っぽい。


宮田さん

日刊良スレガイド:新ジャンル「ツンドロ」

宮田さん「あたし、ツンちゃんが盗ったの見たわよ」

正義漢っぽい。


渡辺さんのなく頃に

http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1145698158/

790 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/23(日) 22:43:33.02 ID:8dJ1LCOcO

渡辺さん「・・・ねぇ?」

男「ん?どした?」

渡辺さん「昨日、ツンちゃんと一緒に下校してたよね? 私と一緒に下校する約束だったのに・・・あれれ~? どういうコトかな? かな?」

男「え?そ、そりゃお前・・・」

渡辺さん「どうして言えないのかな? かな?」


(((´;ω;`)))

792 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/04/23(日) 22:44:56.39 id:LynEEppr0

>>790

男「それはその…探したんだけど、渡辺いなかったから…」

渡辺さん「嘘だッッッ!!!!!」


こうか


感想

エロゲとの関連で

日和(『みずいろ』)、名雪(『Kanon』)に似ているといえば似ている。渡辺さん名雪、ツン:香里、佐藤さん:舞という噂も。他にも渡辺さん:みくる、ツン:ハルヒ佐藤さん長門という意見も。


ネタバレ

ニャー速。 - 2ちゃんねるスレッド紹介ブログ -:新?ジャンル「渡辺さん」

220 :VIP774 :06/04/23(日) 01:21:02.00 id:qikeB4zN0


渡「(今日こそ告白しなきゃ…)あ、あのっ!」

主「あれ?どうしたの渡辺さん。」

渡「あ、あの、えーっと…」

ツ「あ、いたいた!はい!お弁当!」

主「お、いつもありがとうな。」

ツ「べ、別にアンタのために作ってるわけじゃないって言ってるでしょ!」

主「わかったわかった…あ、ごめん、渡辺さん。何だっけ?」

渡「え!?い、いや、そ、その~…あ、あれれ~?言いたいこと忘れちゃった~。あはは…」

ツ「ほんと忘れっぽいんだから。次からはメモして来なさいよ。」

渡「う、うん…そうする。じゃ、じゃあね!」



渡「ほんとは、忘れてなんかいないんだよ…」

 なんか本当にエロゲでありそうな状況。気の強い子と弱い子。表面上は友達関係。実は一人の男を巡って争っている。

 っていうか、渡辺さんボケボケのフリをして、実はそうやってツンデレとの対決を笑いでごまかす事で避け続けていたという展開が泣ける。渡辺さん、ちょっと陰湿だけど。ツンデレも描写を一歩間違えればただのいじめっ子だし(笑)。

 そしてそうやって誤魔化している渡辺さんの性格を知ってるから、ツンデレは更に渡辺さんに対して攻撃的になるというメタメタ展開がいいな。


以下脳内妄想劇場

ツ「あんたも主人公の事、好きなら好きって、はっきり言いなさいよ!」

渡「…………」

渡「…………」

ツ「黙ってないでなんか言いなさいよっ!」

渡「…………」

渡「……いいの?」

ツ「……アンタ、なに笑ってるの?」

渡「……本当に言っちゃっていいの?」

渡「主人公君の事、好きって言っちゃっていいの?」

ツ「……ッ!!」

渡「私が主人公君の事好きって言ったら、ツンちゃんはどうするの? それで満足する? 許してくれるの? 譲ってくれるの? 私に? 主人公君を?」

渡「…………そうだよねぇ。ツンちゃん優しいし、私の大親友だもんねぇ~」

ツ「…………」

渡「ねぇ、ツンちゃん、黙ってないで何か言ってよぉ、ねぇ。黙ってたらわかんないよぉ」

渡「はっきり言ってくれなきゃ、ね?」

ツ「…………んた……そう……」

渡「…………え?」

ツ「……アンタはいつだってそう!」

ツ「そうやってウジウジしてばっかりで! 自分の言いたいことも言わずに、ボケボケして笑ってごまかしてばかりで!」

渡「ツンちゃん……」

渡「わ、私だって好きでこうなったんじゃないもんっ! ツンちゃんが……」

ツ「ほらまた私のせいにする。いいわよねー、アンタは。私は悪くないって顔してればいいわけだし。そしたら私が悪者扱いされるし」

渡「…………うぅ」

ツ「なに? アタシを殴ろうっての? アンタにしてはいい度胸してるじゃない。ほら、殴ってみなさいよ」

渡「…………うぅ」

ツ「ほら」

渡「…………」

ツ「殴れないくせに、調子に乗らないでよねっ! アンタのそういうウジウジしたところ、本っ当に見てていらつく」

渡「んぅ……ひっく……」

渡「……だって……ツンちゃんのこと、好きなんだもん……。主人公君と同じくらい大切なんだもん……。そんな時どうすればいいのぉ? ツンちゃんが好きな相手を奪えばいいの? そうしたらツンちゃんは満足してくれる?」

ツ「そ、それは……」

ツ「えっと…………正々堂々と勝負すれば……いいんじゃ……」

渡「ツンちゃん、それは欺瞞だよ。正々堂々っていえばフェアに聞こえていいかもしれないけど、ツンちゃんが楽に戦えるような状況を無理矢理設定してるだけ」

渡「そうやってライバルに自分と同じ戦い方を強要するの。しかも自分が戦いやすいフィールドに引き込んで」

渡「ツンちゃん、なんで同じ人を好きになったら、正々堂々と戦わなきゃいけないの?」

ツ「だ、だって……」

渡「ツンちゃん。恋愛はツンちゃんが思ってるみたいに、フェアな戦いじゃないんだよ? みんながみんな、ツンちゃんの作ったフィールドで戦ってくれるわけじゃないんだよ?」

なんだこりゃ。