世代問題

世代問題

調べ始めた経緯:エロゲの話をしている人で、「月姫世代が~」「ひぐらし世代が~」「車輪世代が~」って言う人がいるので、そんなに世代間ギャップがあるのかと思って。


オタク一般

ワラタ2ッキ:いつの時代も「自分まで」

332 :おさかなくわえた名無しさん :04/12/21(火) 20:56:58 id:Kd4RaSyb

ドイツ社会学者が発表した論文にあったんだけど、数十カ国を調査した結果なぜか20代後半~30代後半の年齢層の人間

「自分達あたりの世代が昔からの伝統や礼儀をぎりぎり受け継いでいる世代だ。これより下はどうもおかしくなってしまっている」

と考える癖があるらしい。面白いことに国が違っても民族が違っても共通してそういう風に感じて発言するんだってさ。

もちろん、今現在だけの話というわけじゃなくて数十年前から繰り返し

「自分たちがぎりぎり礼儀を受け継いでいて~」

と言っててその次に20代後半~30代後半になった世代も同じように

「自分たちがぎりぎり礼儀を受け継いでいて~」

と繰り返す、と。



絶叫機械+絶望中止 -オタクの歴史認識

誰でも20代後半になると「歴史を受け継いでるのはおれの世代まで~」って思うらしいぞ。それは知識や経験が積み重なって、歴史の側に飲み込まれるからなのだ。心配しなくても数年経てば同じことを若い連中が言い始めるのだ。


ARTIFACT@ハテナ系 -オタクの歴史認識の欠如

自分も、世代断絶はなるべくなくなった方がいいと思うから、知りたいと思う人向けに情報を出そうとは考えているけど、そういう人は少数派であって、いまやオタクの大多数は歴史を知ろうと思わない人たちだ。そんな人たちに対して歴史観を無理矢理押しつけても幸せな事態が起きるとは思ってはいない。

歴史感覚の欠如に関しては、別にオタク特有の問題ではなく、サブカルチャー全般において起きている問題なんだけど、そこまでいれると大きな話になるのでとりあえず今回は言及せず。


焚書官の日常 (5) - ジャンルの歴史を学ばない若者にジャンルに詳しいとしよりが老婆心であれこれ言う、ことについて(1)

あるジャンルが成熟して、歴史が築かれると、人間ひとりが「把握できない」「後追いで勉強するのがしんどい」局面がおとずれる。そうすると突然、それまでリアルタイムで楽しくやってた筈の人が、入門者に対して「まずはこれから理解したほうがいいよ」と、おせっかいを焼き始める、ように見える。その話を聞く気がない入門者にとって、そういう「歴史」を語ろうとする年寄りは、鬱陶しいことこのうえない。「オレの好きにさせろよ、いいじゃん楽しんでるんだから」、というわけだ。


ARTIFACT@ハテナ系 - オタク歴史認識欠如話続き

各所からの反応をまとめられています。


雑記帳過去ログ2005.02

この話すごく面白いんだけど、自分は4,5年くらい前にはもう、若い人にジャンルの歴史認識とか文脈みたいなのを理解してもらうことを諦めてたなぁ。


自分がアニオタに目覚めた当時、ナウシカで初めて宮崎駿を知って、ガリバー宇宙旅行太陽王子ホルスまで、さかのぼって宮崎高畑コンビの作品をあさり東映動画の歴史とか勉強したんだけど、それ自体が楽しかった。

なのでオタクの快楽のひとつに飽くなき知識欲と情報収集というのものがある限り、歴史や文脈という知識を欲するのはオタクとして当然だ、と考えていたのだけれど、ある時期を境に、キャラクターから得られる快楽、つまりは「萌」に対する欲求を求めるオタクが圧倒的多数になってしまって、それは幻想にすぎないことに気づいてしまった。

アニメの場合、作画や演出の優れた作品を知った後、それを作った演出家アニメーターの関わった作品を過去にさかのぼって追いかけることで、最初に出会った作品と同じ快楽を受け、かつ知識も増えるという快感があるけれど、「キャラ」や「萌」による快楽は、歴史や文脈がこれこれこうですよ、と説明されて、過去を遡ったところで快感が得られるわけではないからね。

萌え重視のオタクが、歴史認識を必要としないのはそういうのもあると思うし、求められてもいないのに押し付けてもしょうがないと思うし。



ARTIFACT@ハテナ系 - オタクの歴史認識にリセットがあったと考えてみる

また、これを読んでちょっと気付いたことがある。宮崎駿などのように、アニメの監督は活動歴が長く、昔から活動していたので過去にさかのぼりやすい。しかし、30代程度の作り手だとさかのぼることがほとんどできない。

エヴァンゲリオン』は膨大な過去の作品の引用があったし、庵野監督作品もそれなりにあったので、従来のような文脈を重視して作品を鑑賞することが可能だった。しかし、『エヴァ』にショックを受けた人は多く、『エヴァ』が基準になってしまった人たちをたくさん生んだ。ここで歴史認識のリセットがあったとも考えられる。

そして『雫』の後にムーブメントを作り出したエロゲーの作り手も、それまでのアニメと比べて、圧倒的に若かった。この作り手の急激な若年齢化はちょっと注意したいところだ。

エヴァ』的な精神を描く作品メディアが、エロゲーになったという時点でも、歴史認識のリセットが発生したのではないだろうか。そして、ここが現在深い溝となっているのではないかという仮説を立ててみる。


焚書官の日常 (5) - ジャンルの歴史を学ばない若者にジャンルに詳しいとしよりが老婆心であれこれ言う、ことについて(2)


ここに最近の「1000~してないやつはだめだ!」が入る予定。


アニメ

エヴァ前夜(1986~1994)はアニメ史的空白だったか?


エロゲー

身辺雑感/脳をとろ火で煮詰める日記: エロゲ史観の落とし穴

近年エロゲを追っかけてる人間 *1 の陥りやすい神話のひとつに、

「昔のエロゲは本当にエロかった、でも今はエロくない作品が増えてしまった」

というものがある。